Top page »

ブライダル業界の女性のキャリアアップ法

ブライダル業界の仕事

ブライダル業界で女性がキャリアアップするには、歩合制やインセンティブで稼ぐという方法があります。成約数に応じて給与がアップするのが歩合制・インセンティブ制で、いわゆる出来高制のことです。単純に給与+歩合となっている企業だと基本給が安いことがあるので、この点は注意が必要です。

営業や接客スキルに自信があるならば、歩合制・インセンティブ制がある企業に入って成果を出せば昇給しやすいです。昇給は毎年1万円くらいずつ上がっていくケースが多いです。勤務年数が長くなるほど基本給が上がります。リーダー、主任、マネージャーなどの役職に昇給すればさらに大幅な給与アップが可能です。他の職業に比べて女性の役職が多いのがブライダル業界のメリットです。ただし、役職がつくと責任も重くなり、ノルマや数字に関しても結果が求められます。

キャリアアップを目指すのであれば、自分が担当しているブライダル関連のことを勉強するだけではなく、幅広い知識を身につけておいた方がいいです。例えばウエディングプランナーであれば、営業やプランニングだけではなく、メイクやドレスコーディネート、ネイルなどの知識も身につけておくと活躍できる幅が広くなります。

華やかなブライダル業界 活躍する女性たち

女性スタッフ

ブライダル業界といえば、数ある仕事の中でも華やかなイメージがあります。新郎新婦の幸せな1日を盛り上げるためにスケジュールを立てたり、他のスタッフと協力して必要なものを用意するなど、様々な仕事があります。披露宴の給仕はもちろん、ウエディングプランナーなども最近では人気が高く、なりたくても求人倍率が高すぎてなかなかなれない仕事です。

そんなブライダル業界で活躍しているのは、女性が多いです。女性らしい細やかな気遣いができるということで、ウエディングプランナーは特に女性が活躍しています。

最近ではホテルでも結婚式会場を併設しているところがあるので、ホテルスタッフがブライダル業務を兼ねることもあります。

もちろん、うわべだけ見れば華やかで素敵なイメージがありますが、ブライダル業界の仕事はかなりハードです。新郎新婦は最高の1日したいと思って気を張り詰めていますし、やることが多すぎて混乱していることもあります。その新郎新婦とうまくコミュニケーションをとりながら連携して作業していく必要があるので、責任が大きく大変な仕事です。

それでも人気があるのは、新郎新婦の幸せな1日に関われるという達成感を得られるからです。

一度は働いてみたいと思うブライダル業界

ヒールをつける

人生で一度きりの結婚式が成功するためのお手伝いをすることで、人を幸せにしたいという気持ちを持っている人は、ブライダル業界で働く適性があります。女性からの人気の高い業界でもありますよね。ホテル業界やブライダル業界で働く人材を育成する専門学校で、自分の働きたい職業の養成課程を選んで学ぶか、実績のある団体が主催する認定試験をパスして資格を得るといいでしょう。

ブライダル業界で働く女性として、よく連想されるのはウエディングプランナーではないでしょうか。式場の見学会などでも、参加者のカップルにプランの説明をしたり、相談に乗ったりしていますよね。プランナーはカップルの要望と予算などを踏まえたうえで、最適なプランを提案したり、結婚式の運営などを行います。満足度の高い結婚式をする手腕の他にも、不安や希望を抱えたカップルに寄り添う姿勢や、全体を見て各部門と連携するための視野の広さなどが求められます。

花嫁をきれいにしたい人は、美容専門学校でブライダルヘアメイクを学びましょう。現場では一人で髪型やメイクの他にも、ドレスのコーディネートやブーケの選定など、あらゆることを行う力が求められます。技術の他にも対応力が重視されるのです。